FC2ブログ

特許権の帰属

先日7日に、「知的財産政策に関する基本方針」が閣議決定された。その中身で話題になっているのが、特許権の帰属を企業に変更する検討を盛り込んだことだ。
基本方針では職務発明制度について「抜本的な見直しを図り、(特許権は)法人帰属または使用者と従業者との契約に委ねる」と明記されている。

この様な検討の背景には、以前に従業員が高額の対価を求めて企業を訴え、企業が支払うケースが相次いだことがあるのだろう。まぁ、検討すること自体は悪い事ではないし、色々な議論をして結果として良い方向に導いて欲しいものだ。ただ、特許を会社側に帰属させるよう求めるという短絡的な発想は、現場を理解していない経団連の幹部などが後押ししたものだろうなと世間の目には映る。

なぜ、体制維持を重視する方々(ある種の既得権益者)は、この様な刀狩的な発想しか出来ないのだろうか。高額の対価を求めて発明者と企業が争うことによって、企業側に不利益が出たことも事実だが、それは、従業員が攻めてくることに対する企業側の準備が足りなかったり、或いは、想定力が足りなかっただけの話である。今となっては現行法でも十分対処策を整えることは可能だ。特許法を変更するほどの事項でもないし、むしろ、変更することによって生じるデメリットを危惧すべきである。イノベーション重視、起業家を増やすべきといっている経済・国家戦略ともまったく整合性がとれない。

確かに特許権を企業に帰属させている国もあるのだが、日本に適したシステム作りをする為に、大いに、且つ、迅速に議論する事を期待する。

2013/06/11 19:13 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |