FC2ブログ

栃木城

お城ネタの続編。

皆川氏と言えば、皆川広照が有名である。信長、秀吉、家康とも通じていたらしい。秀吉の小田原征伐の際は、最初北条氏について小田原城にいたらしいが、落城前に家康に投降している。その広照が築いたのが栃木城である。勿論、残っているのは城址であり、規模は小さいが、ここも栃木城址公園として管理されている。

公園の看板には、『天正十九年(1591)皆川山城守広照が皆川城にかわるものとしてこの地に城を築きました。』と記してあった。

栃木城址


公園は小規模なのだが、周辺の民家は結構立派で、次のことが記された看板が目をひいた。

『戦国時代、坂本與兵衛は、小大名皆川広照の家臣で、栃木城を守った。その報奨として、連歌の「巻物」を貰いました。その後、百姓となり、寺子屋を開きました。「巻物」が伝わっています。(長さ4m50cm)』

2013/05/07 23:12 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |